ノリのいい人

「ノリが良い人」のほうが“良いキャリア ” を歩んでいるという事実

一般的に“良い”とされるキャリアを歩むには、キャリアに対してどのような姿勢が必要かを示すさまざまな研究も、キャリアの一貫性を重視すべきかどうかの判断の参考になります。
たとえば、人事の世界では有名な理論の一つ、スタンフォード大学のクランボルツ教授による「計画された偶発性理論」(planned happenstance theory)。
この理論は、実際に“良い”とされるキャリアを歩んできたビジネスパーソンを調査してわかった「事実」です。
クランボルツ教授が実施した調査によると、18歳のときに考えていた職業に実際に就いている人は全体の約2%にすぎませんでした。また、個人のキャリアの8割は予想しない偶発的な事象によって決定されるとも述べています。
一連の研究結果からクランボルツ教授は、「やりたい仕事に固執するよりも、むしろ判断を保留してオープンマインドであるべきだ」と主張しています。
クランボルツ教授は「計画された偶発性理論」を実践するキーワードを5つ挙げています。

・好奇心
→ 自分の思い込みにとらわれず、さまざまなことに関心を持つ
・持続性
→ 一度始めたことは、ある程度結果が出るまで粘り強く取り組む(≠忍耐)
・楽観性
→ ピンチをチャンスと捉え、失敗にもくじけない
・柔軟性
→ チャンスと思えば乗り、ダメならきっぱり方向転換する
・冒険心
→ 安全より、リスクを負ってでも積極的に挑戦する

上記のキーワードの解説は個人の解釈です。
そしてこれらをまとめて「ノリが良い人」と表現しています。

こうした理論を前にすると、あまりにキャリアに一貫性のある人は、逆に「もしかしてチャンスを逃してきた(これからも逃す)人なのでは」とさえ思えてきます。
さすがにそれは言いすぎかもしれませんが、一貫性がないからといってダメと言い切れない一つの根拠とならないでしょうか。

人生やキャリアはとても複雑で、当人であってもこれまでのキャリアがどのような意味を持つのか、すぐにはわからないものです。

だからこそ私たちがやるべきこと、出来ることはただひとつ。
「今を一生懸命に生きる」
それに尽きると思います。

コメント