睡眠

人材開発部の山下賢二です。

様々な事情があるにせよ、時間が余って仕方がないという方は少ないと思います。
そして、忙しくなるとついつい睡眠時間を削ってしまいませんか?

睡眠不足がもたらす悪影響は理解しているつもりなのに・・・です(^_^.)

ということで今回は、睡眠の重要性と健康効果についてのお話です。

皆さんは「最適な睡眠時間」をご存知ですか?
・1日8時間は寝るべきだ
・レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルで計算するべきだ
・実は1日4時間半睡眠でも充分だ
上記のように、いろんな説があります(笑)

が、

実は「最適な睡眠時間」というものは存在しません(^_^.)
ずばり!!
自分に必要な睡眠時間は、今のところ自分で把握するしかないのです<m(__)m>
自分に必要な睡眠時間を知る方法。
それは、「目覚まし時計をかけずに寝る」ことだそうです。
自然に目が覚めるまで寝続けて、睡眠時間を測ってみるのです。
そして、起床後の体調や頭のスッキリ感を記録しながら、自分にとっての「最適な睡眠時間」を見つけ出してみましょう。

では、睡眠不足にはどのようなリスクがあるのでしょうか?
・肥満に影響する
・寿命に関わる
・作業効率(生産性)が低下する
・高血圧・糖尿病・自律神経失調症などのリスクを高める
 ※以下、睡眠不足が原因でかかりやすくなる病気
  不眠症、高血圧、糖尿病、自律神経失調症、
  ガン、風邪、インフルエンザ、うつ病

とリスクだらけ!
だがしかしです。
ネガティブな話よりポジティブな話の方がいい!!
ということで、適切な睡眠時間を確保することで得られる「良いこと」について話をさせていただきます。
・脳と体を休ませ、回復させる
・成長ホルモンが分泌される
 ※以下、成長ホルモンの主な働き
  筋肉量の増加(たんぱく質の合成)、
  糖質・脂質の代謝、骨の形成促進
  お肌のターンオーバー、傷の修復
  つまり適切な睡眠は、体を健康に保ち、若さを維持
  する秘訣でもあるのです!!
・ストレスが解消される
・頭の中が整理され、記憶が定着する
・病気を予防できる

ちなみに☆
幸福感を感じるためにも、睡眠は重要だそうです。
「幸せ」はあくまでも主観的なものと思われがちですが、実は睡眠不足によって脳の機能が低下しているのかもしれません。
ついネガティブなことを考えすぎたり、不安に見舞われたり、心配しやすかったり。
そのような症状に悩んでしまう原因は、睡眠不足なのかもしれません。

あらゆる研究結果から総合的に考えると、どうやら1日あたり6〜7時間は眠ったほうが良さそうですね。

休日の「寝だめ」はかえって体内時計を狂わせると言われていますので、平日や休日に関わらず、規則正しい睡眠を心がけましょう。

また、睡眠時間の長さも大切ですが、質はもっと大事です。

寝る前にストレッチをする、スマートフォンの利用は控える、寝具にこだわるなど。

一番簡単にできるのは「寝具にこだわる」ことではないでしょうか。
皆さんも良くご存じのとおり、人生の3分の1は睡眠だとよく言われます。
にもかかわらず、寝具にお金をかけない人が多すぎるのは、とてもおかしな話なのです。
さらに言うと「寝具にお金をかける人は成功する」という話もあります。
質の高い睡眠を取れればそれだけ短い時間の睡眠でも大丈夫なようになります。
また、睡眠のリズムを整える事で質の高い仕事をする事が可能となります。
その結果、睡眠をセルフコントロールできる人はそれだけ成功する可能性も高くなるという事です。

みなさんは熟睡するため、何か工夫をされてますか?
今日からでも出来ることは沢山あるので、ひとつずつ試してみてはいかがでしょうか♪

コメント