学ぶ

20歳だろうが80歳だろうが、とにかく学ぶことをやめてしまった者は老人である。
学び続ける者は、みな若い。
人生において一番大切なことは、頭を若く保つことだ。
~ フォード・モーター創業者/ヘンリー・フォード ~

人材開発部の山下賢二です。

学ぶことをやめた時点で、その人の成長は止まってしまいます。
その人は人生においてすでに老人です。
逆に言えば、
歳をとっていても、学び続けるのであれば、
人生において常に若いということです。

人生は常に勉強。

社会人は学生以上に勉強が必要となります。
学生時代に勉強ができた人が必ずしも出世するわけではなく、
逆に学生時代に全く勉強ができなかった人が社会人になってから大成功をおさめていることが少なくないことが何よりの証拠だと思います。

社会人としての勉強ができない人は、出世もできず、周りから評価もされない人間となるのでしょう。
理由は簡単です。
自分より知識がない人の下で働くことを望む人なんできっといないはずです。

勉強はどんなものからでもできます。
本を読むことはもちろん、例えば旅行に行くことで勉強できることだってたくさんあります。
要は何を学び取るか、であるので、方法は何でもいいわけです。

ですが、私の知る限り、成功していると思われる方が何よりも大切にしていることは
【人との会話】だと思います。

特に自分よりも高いステージで活躍されている方とか、起業してうまくいっている人とか、そのような方々と数多く、話せば話すほど学びが多くなり、人生を生き抜くためのヒントが得られるような気がします。

そこから学んで、自分のステージが高くなれば、自然と周りのステージも高くなっていくので、知識レベルが段々と高くなってくるはずです。

また、生きていくにはお金が必要です。
ですがお金は、他の人が払ってくれなければ手にすることはできません。

つまり、人との繋がりを大切にしている人ほど、たくさんのお金を手にできる仕組みになっているのです。

そう考えると、生きていく上で一番大切なのは
【 人といかに接するか 】ということなのではないでしょうか。

私は、自分と同じぐらい周りの人を大切に思うことが常にできれば、間違いなく自分自身が幸せになれると信じて生きています。

こう書くと綺麗ごとを言っているようで嘘くさいので言い方を変えます。

自分が不幸になりたくないから、周りの人を大切にするようにしています(笑)
そうですよ。
すべては【 自分のため 】です。

皆さんはどうですか?

コメント