大きな声を出す

人材開発部の山下賢二です。

みなさんは普段、大きな声を出していますか?

私は「毎日」出しています。
しかも「朝一」で(笑)

私は車通勤なので、車内で毎朝
「熱唱」しながら通勤するようにしています。

これには理由がありまして。。。

私は現在、ある部署の責任者をさせていただいております。
社長からもずっと教えられてきましたし、私自身も常に心掛けていることとして、
「リーダーたるや、常に他の人間よりも元気でなくてはならない」
ということがあります。

ですから、出社した瞬間からフルスロットル!!
その日の仕事を
「元気いっぱい」で開始したいのです。

そのためには、車内で自分の限界域の声を出しておくのが良いと思って続けておる訳なのですが。。。

まぁ、部下からウザがられるぐらい常に元気でいようと私は決めてますので(笑)

え~
私自身の存在がどうかは別として(笑)

昔から「声の大きな人には人が集まる」と言われているそうです。
ちなみに弊社の社長は
「めちゃくちゃ」声がデカいです(笑)

あらためまして(笑)
声の大きさは「自信の表れ」だと言われます。
一流と言われている司会者、コメンテーター、経営者などの声が大きいのは、それだけ自分に自信があるからです。
逆に、人は自信がないときは声が小さくなり、自信があるときは堂々と声が大きくなるはずです。
ある意味では、大きな声を出すことによって、誠実さをアピールすることもできるということです。

また、今は声が小さくて自分に自信が持てない人でも、大きな声を出すことで自分に自信をつけることができるはずです。

ちょっとずつでもいいので声を大きく出すようにしてハッキリと話すことにより、次第に自信がついて、いつのまにか大きな声で堂々と話すことができるようになるでしょう。

ということで難しく考えず、まずは元気よく大きな声で挨拶することからはじめましょう(笑)
「また挨拶かよ」
と思われるかも知れませんが、私は挨拶ってめっちゃくちゃ大事なことだと思います。

大きな声で元気よく「おはよう」って言われて嫌な気持ちになりますか?
私は元気よく挨拶されたら「めちゃくちゃ嬉しい」ですけどね。

とまぁそんなことで、
ちょっとしたことですが、声の出し方ひとつで周囲の反応はガラリと変わります。
嘘だと思うなら騙されたと思って、とにかく試しに一度やってみてください。
すぐに結果が出るはずですよ(笑)

コメント